So-net無料ブログ作成
日本円の性格 ブログトップ

1995年の円高はなぜ起きたのか?! [日本円の性格]

1995年4月19日、ドル円は変動相場制移行後の最高値1ドル=79円75銭を記録。

これには2つの大きな理由がありました。
クリントン.jpg
1つめの理由は、巨額な貿易黒字です。
バブル崩壊後、日本は国内の消費が振るわず、自動車をはじめとする主要な製造業は海外での販売を強めていきます。
90年代前半、貿易黒字は15兆円、史上最大規模に膨れ上がりました。
輸出した企業は、対価として得た外貨を円に換えるので、こうした巨額の貿易黒字は円買い圧力となります。
こうして円は1990年の160円台から、94年には100円を割り込むところまで高くなっていきます。

円高が進むと、海外でものを売っても儲からないので経済学の理論では輸出が減少するはずなのですが、国内販売が不振な日本企業は、輸出攻勢を継続。
円高が進んだ94年の貿易黒字は14.7兆円と依然として高水準でした。

こうしたなか、アメリカ クリントン政権が貿易不均衡是正のためとして更なるドル安円高を進める政策に舵をきり、大きな円高圧力が市場にふりかかりました。




もう1つの理由は、94年に起きたメキシコの通貨危機です。
通貨危機とは、通貨が暴落してその国の経済が大混乱に陥ること。
通貨危機.jpg
当時ドルと固定相場制を採っていたいたメキシコが、経常赤字の拡大に耐えきれず通貨ペソの切り下げを発表。
しかし、切り下げ幅が市場予想より低かったことから、ペソ売りが収まらず、数日後に変動相場制への移行を余儀なくされます。

こうした一連の信用不安でメキシコから一気に資金が流出。
結局ペソのレートは固定相場制の時から約40%下落、中南米の周辺国通貨へも波及していきます。

その余波がドル円にぶつかってきました。

バブル崩壊後の低金利で、円を調達して、ドルなど高金利で運用するキャリー取引がヘッジファンドなどを中心に強まってました。

そのなかでメキシコの通貨危機が起こり、この損失をカバーするためにヘッジファンドの投資が縮小。
円キャリー取引も一気に解消されこれまで買っていた外貨を売って円を買い戻す動きで円高圧力が強まりました。

円高の進行を受け、輸出が減少。
翌96年には、貿易黒字が8.8兆円まで縮小。
為替相場は、これを受けドル安円高圧力が減り円安方向へ。

3年後の98年にはドル円は147円まで戻します。

日本の産業構造も為替の影響が少なくするため、生産拠点を海外に移転する動きを加速させていきます。

このように後から全体を見てみると、原因も結果もはっきりしているのですが為替市場は同じようなことを繰り返し引き起こします。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

リーマンショック後、円高になった本当の理由は?! [日本円の性格]

◆サブプライム問題前は取り残されてた日本経済

2000年代半ばに入って、他の先進国が景気の過熱を警戒して政策金利を引き上げる中、繁栄に取り残された日本としては、景気を刺激するために本来異例の措置であったはずのゼロ金利政策を継続。
これにより海外の国々と金利差が拡大していきました。

これにより、世界中の金融機関やヘッジファンドなどが、低金利の円で資金を調達して、金利収入の入る外貨で運用し、金利差による収益獲得を狙う取引を急激に拡大させていきました。
こうした手法を「円キャリー取引」と呼びます。

ちょうどそのころ広まってきたFXを利用して、日本の個人投資家も、積極的に外貨買い円売りを進め、一時円安へ振れドル円が120円を超えました。
円キャリー取引は相場動向へも影響していきました。




◆サブプライム問題 リーマンショック
サブプライム問題の深刻化とリーマンショックで、世界的な景気後退ムードが強まり、日本でも外需の落ち込みから貿易黒字が一気に縮小。
リーマン.jpg
金融不安への対応もあって、ドルやユーロなど主要通貨の金利が史上最低金利まで引き下げられ、円との金利差が縮小したことで、これまでの円キャリー取引による外貨買い円売りが一気にしぼんでいきます。
ドル円が90円を割り込むなど、急速に円高が進行する中、貿易黒字もプラザ合意後最低の2兆円まで落ち込み、日本経済は深刻な不況を迎えます。

2010年後半に入ると、円高の勢いはますます強まり、1995年以来となる80円台へ。

この円高は、2つの要因が大きく影響しています。

1つは、ギリシャをはじめとするPIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)と呼ばれるユーロ圏の国々で財政赤字問題が深刻になっていることへの懸念です。
17ヵ国による統一通貨であるユーロは、加盟国のうち1つでも財政破綻などで信用不安を起こすと、ユーロ制度の存在自体が問題となります。

もう1つは、アメリカの景気回復の遅れです。
2009年春に底を打ったアメリカの景気は、2010年後半には回復が本格化して、利上げの期待がされていました。
しかし、思ったほど回復しない雇用市場、低迷を続ける住宅市場などの影響で、利上げどころか11月に入って追加の量的緩和 QE2に踏み切る羽目になりました。

ドル、ユーロ、円という3大通貨において、ドル、ユーロの2つが懸念される状況で、円の独歩高を呼びました。
正確には2010年前半ユーロ円が主導で、その後はドル円が主導での下げでほぼ1年間ずっと円高でした。

こうしてみると円が強いから、円を買うから円高ではなく、ユーロ安(ユーロ売り)、ドル安(ドル売り)に進行した結果の円高です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
日本円の性格 ブログトップ