So-net無料ブログ作成

テクニカルチャートのあれこれ!?どれがベストか!! [FX知識]

チャート.JPG


テクニカル分析とは、相場の分析において過去の値動きから将来の値動きを予想することを言います。
価格や時間などをもとにつくられた「テクニカル指標」を使った、
値動きの推移をグラフ化したチャートを用いて、売買の判断の参考とします。
このチャートをテクニカルチャートと呼んでいます。

様々な指標をもとにいろんなチャートが開発されてきました。
ただ残念ながら、これらの指標はどれも絶対ではありません。
外れることもあります。

そこでどうするか。
それぞれの指標には、得意な場面と、不得意な場面があって一つでは
不完全なので、いくつか組み合わせて使うことで精度を高めます。


例えば、ざっくりわけると「逆張り」が得意なタイプと「順張り」得意なタイプに分かれます。

■逆張り型指標…今は上がりすぎ(下がりすぎ)だからその逆に動いて儲けろ
・「移動平均乖離率」
・「ボリンジャーバンド」
・「ストキャスティクス」
・「RSI」
#オシレーター系の指標
 オシレーターとは「振り子」の意味。ある一定の範囲を行ったり来たりすることから振り子と呼ばれている。基本的に「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する。

■順張り型指標…このまま相場の流れに乗って儲けろ
・「移動平均表」
・「ボリンジャーバンド」
・「一目均衡表」
・「MACD」

なぜ、このように分かれるのかは後ほど説明していきますが、自分はどちらの張り方が向いているのか考えてみてください。

順次、一つ一つ解説していきます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。