So-net無料ブログ作成

1月の相場はとても重要!!なぜ?! [FX知識]

hatuhinode.jpg
「一年の計は元旦にあり」
これは、一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということです。

株式相場でも有名な格言の1つに、「ジャニュアリー・エフェクト(1月効果)」という言葉があります。1年の相場の方向性は1月で決まることが多いといった意味になるでしょう。

ところでドル円における「1月効果」を検証して見ると、1月がドル安・円高になった場合と、ドル高・円安になった場合ではかなり差がありました。

要するに、1月がドル安・円高になった場合、その年もドル安・円高になった確率は7割程度といった具合にかなり高いものとなりましたが、1月がドル高・円安になった場合に、その年の方向性と一致した確率はあまり高くありませんでした。

以上からすると、1月がドル安という結果となった場合は、
「今年はドル安傾向が続くかもしれない」といった感覚を持つ必要があるのかもしれません。

来年はこのままでいくとドル高・円安になりそうですが…
このデータからいくと
「今年はドル高が続かないかもしれない」といった感覚でしょうか。




ところで、1月がドル安かドル高か、1月が終わるまで待てないという気の早い方にとって参考になりそうなのは「1月1週効果」という考え方です。

実はドル円について調べて見ると、1月第1週の方向性と1月の方向性が一致する確率は結構高くなっていました。

つまり、1月がドル安になるかは、1月第1週が終わったところで早々と見えてくることがあるわけです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0